運転免許を安く取得する方法

2014.07.23学習 , 資格 , 運転免許
Pocket
LINEで送る

持っていると身分証明などが必要な場合に便利な運転免許証ですが、取得するためにはそれなりの費用と時間が必要となります。 そんな高い費用を少しでも安く抑えて免許を取得するための方法をいくつか紹介します。 多少高くでも安心して確実に取れる方法を選ぶか、しばらく家から離れても早く安く取得する方法を選ぶのか、難関ではあるけれどとにかく安く取得する方法を選ぶのかといった、各方法の特徴をまとめてみました。

教習所で安く免許を取るには時期が重要

教習所で安く免許を取るには時期が重要 車を運転するためには運転免許が必要となります。その運転免許を取得するためには、一般的には自動車教習所に通うことになります。自動車教習所では実技と学科、仮免許まで取得することができます。最後に卒業検定を受けて合格すると、次に管轄の運転免許試験場へ行き、そこで筆記試験を受けて合格すれば晴れて免許取得と言う流れになります。 しかし、教習所で免許を取る場合は30万前後の費用がかかります。教習所のシステムにもよりますが、学生の内は学割がきくところもあるので、一般で取得するよりは若干安く取ることができますが、それでも20万以上はかかってしまいます。 運転免許は一度取得すれば一生使えるものなので、長い目で考えて30万前後の費用が高いか安いかはその人の考え方によります。ただしこれは免許の取り消しや失効がない場合です。 自動車教習所は高めではありますが、教習所によっては独自のキャンペーンやお得なプランなどを設けている場合もあります。自分の住む地域に教習所がいくつかある場合には、一度訪れてみて料金などを確認することができます。その中で一番安い教習所を選べば料金を抑えることも可能です。 ただし、教習所の場合は学生が集中する2月3月や、夏休み時期などの繁忙期は料金が高くなる場合や、逆にあまり人のこない閑散期にはお得に早く取れるプランなどを行う場合もあります。教習所でより安く免許を取るには、そのような時期を狙うタイミングが重要となってきます。

合宿教習はなぜ安いのか

合宿教習はなぜ安いのか自動車免許を取得するには、自動車教習所に通うことが一般的ですが、料金が高いという難点があります。しかし、教習所には合宿教習を行っているところもあります。 合宿教習というのは、教習所で用意された宿泊施設から教習所に通うというシステムです。短期間で集中的に免許を取得することができるので、早ければ2週間から3週間程で免許を取得することができます。大学生などが夏休みなどの長期休暇を利用して、合宿教習を受けて免許を取得するというケースも少なくありません。おまけにちょっとした旅行気分を味わうことができるという魅力もあります。 では、なぜ合宿教習が一般の教習よりも安い料金で済むのでしょうか。まず、合宿教習は学科や実技などのスケジュールが最初から決められているので、一般の教習生のように「都合が悪くなったから今日の教習はキャンセルします」ということが発生しません。決められたスケジュール内で免許を取得するので時間的にも無駄がなくなります。更に合宿教習は2~3週間程度の短期間で集中的に行うので、一般の教習よりも早く終わるためコストもかかりません。合宿教習を行うところは地方が多いので、都会に比べて物価も安く済みます。 これらの要素によって、合宿教習は一般教習に比べて安く免許を取得することができるというわけです。料金相場でも、一般では30万前後かかるのですが、合宿教習となると20万程で取れる場合もあります。 しばらく家から離れることになりますが、安く早く確実に免許を取得できる方法の一つが合宿教習となります。

より安く免許を取りたいなら一発試験に挑戦してみる

より安く免許を取りたいなら一発試験に挑戦してみる自動車免許を取得するには、自動車学校に通って筆記試験を運転免許試験場で受けるという流れが一般的ですが、自動車学校に通わなくても免許を取ることは可能です。料金の部分だけ見ればこの方法が一番安く免許を取ることができるのですが、かなりの難関であるのも事実です。自動車学校に通わないで免許を取るというのはどういうことなのかと言うと、運転免許試験場で直接試験を受けるということです。 「一発試験」とも言われるこの方法ですが、受験の期間や回数制限がないために落ちても何度でも挑戦することが可能です。しかし、その都度受験費用が発生しますので、結果的にかかった費用をまとめると自動車学校へ通った方が安かったという場合もあります。 この一発試験に合格できれば、仮免から本免までにかかる費用を10万程度に抑えることも可能です。ですが、この一発試験の合格率は非常に低く、仮免などの実技試験も発進して数秒後にポールを倒したり、縁石にぶつかったりしたらその時点で即終了となるほど厳しいところもあります。 試験を受けるたびに料金を支払うシステムなので、何回も不合格になってしまうとその分だけ料金が発生してしまいます。安いからと言って何度も受けていると最終的にはかなりの金額になっていることもあるので注意しなければなりません。

最後に

ご紹介したように、運転免許を安く取りたい場合は一発試験に挑戦するのがベストですが、合格率が低いという諸刃の剣でもあります。私有地で運転の練習をするというのもあまり現実的ではないでしょう。 合宿教習は教習を受けられる上に友達や思い出を作ることもできます。合宿教習から検討するという方が現実的であると言えるでしょう。

タグ : 運転免許を安く取得する方法
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。