女性の人気急上昇の資格「チャイルドマインダー」の資格取得法

2014.07.27学習 , 資格 , 資格取得
Pocket
LINEで送る

昔は、女性は家にいて家を守るものという考えがありましたが、現在では女性も社会進出を果たし、男性と同じように働いています。そのため子供を預けられる施設が足りなくなり、首都圏を中心に待機児童の問題が深刻化してきています。

そんな中、子どもを預かることのできる新たな資格として、「チャイルドマインダー」が登場しました。ここではチャイルドマインダーとはどういう資格なのか、また取得方法をご紹介します。

 

少人数保育のスペシャリスト・チャイルドマインダー

チャイルドマインダーとはチャイルドマインダーとは、少人数保育のスペシャリストです。保育士や幼稚園教諭などは大人数を相手にしますが、チャイルドマインダーは4人までしか子供を預かりません。少人数で家庭的な保育を行うことで、子供ひとりひとりに対するきめ細やかな保育が可能になります。

子供の面倒を見るという点では保育士とさほど仕事の内容は変わりません。大きな違いは保育士が国家資格であるのに対し、チャイルドマインダーは民間資格であるということです。そのため多くの団体が資格取得のための講座や認定を行っています。

日本ではあまり馴染みのない資格ですが、イギリスでは長い歴史を持っています。イギリスの子育てをしている家庭の70パーセントが、チャイルドマインダーに子供を預けたことがあります。資格も民間ではなく国家職業資格とされており、チャイルドマインディングに関する法律もあります。

 

民間の講座を受講すれば取得可能

チャイルドマインダーの講座を受講しようチャイルドマインダーの資格を取得するには、資格認定を行っている講座を受講し、試験に合格する必要があります。受講するための条件はありませんが、一部の講座では保育士などの資格を持っている人向けに行っています。

子供の相手をする資格のため、資格を取得して仕事をするには子供が好きであることが大前提です。それぞれの親によって教育方針も違うため、教育方針にあった教育ができるきめ細やかさもなくてはなりません。他人の子供を預かっているという、強い自覚と責任感も必要です。

講座は通学制か通信制かを選ぶことができます。通学制のものは4か月から6か月ほど、指定された場所に通って受講します。受講する場所は主に都心か全国各地の主要都市です。

通信制のものは自分のペースで勉強ができ、基本的には2か月から6か月ほどで終了できる講座です。テキストなどが送られてくるので自宅で勉強するのが基本ですが、通常はスクリーニングを何日間か行い、実技を学ばなければなりません。学ぶ内容も各団体で違っているため、よく比較してから受講する講座を決めることが大切です。

受講費用は10万円ほどから20万円ほどで、講座によって差があります。合格率は高く、1度の試験で70パーセントから90パーセントの人が合格します。

 

自分のペースで仕事をしたい人にも

チャイルドマインダーとしてマイペースに働くチャイルドマインダーの資格を取得すれば、チャイルドマインダーとして働くことが可能です。チャイルドマインダーが活躍できる場面は多く、様々な場所で必要とされる資格です。通常の就職をして働きたいのであれば、保育所や託児所、企業のキッズスペースなどがあります。

またチャイルドマインダーは、独立開業を行うことも可能です。もともと少人数保育が専門の資格となっているため、独立開業を行えば自分のペースで仕事ができます。自宅で子供を預かる方式を取ることも可能ですが、依頼があった家に訪問して、両親のいない間だけ面倒をみることもできます。

ほかにも子供向けの教室を開業するときなども、チャイルドマインダーの資格は便利です。親からの信頼性も増し、勉強したことを生かして、より効果的な指導を行うこともできます。

 

最後に

チャイルドマインダーは子供を相手にして仕事をしたい人に向いた資格です。もともと保育士や幼稚園教諭などの資格を持っている人が、チャイルドマインダーとして独立する例もあります。
家庭の事情で働きに出られない人や、時間が空いたときだけ仕事をしたいという人におすすめです。

タグ : チャイルドマインダーの資格取得方法
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。