お花見を確実に盛り上げる宴会芸とは

2015.03.25宴会
Pocket
LINEで送る

お花見という華やかな場に無くてはならないのが場を盛り上げる一発芸です。サークルや会社の新人に任命されがちですが、嫌々やって中途半端なネタを披露するのは勿体無いです。

上手くウケて場を盛り上げることができれば周囲と打ち解けることができるし、その後の人間関係の潤滑油にもなります。ここでは、お花見でウケる一発芸のアイデアをご紹介します。

 

流行りの芸人ネタを取り入れて笑いを取る

imasia_5512787_M

流行りの芸人ネタのコピーは、最も盛り上がりやすい一発芸です。漫才や一発芸、ダンスや歌が組み合わさっているものなど、年代を問わず知っている人が多いこともありウケが狙えます。

最も大切なポイントはコピーする芸の選びかたです。テレビで見ていて面白い芸が花見の席でウケるとは限りません。たとえば、最近ブレイクしたばかりの芸人のネタをコピーしても、まだ知っている人が少ない場合があります。元ネタを知らない一発芸を見ても、どこが面白いのか分からないためスベってしまう可能性が高いのです。

特に会社の花見で参加者の年齢層が幅広い場合は、数年前のネタの方が盛り上がります。テレビで最近見ないと思う一発芸も、まだまだ候補に入れて探してみましょう。

また芸人ネタをするメリットとして小道具が豊富にあることも挙げられます。ネットやバラエティショップで簡単に購入することができ、芸人のなりきりグッズも販売されています。数千円の投資が必要になりますが、外見から本気度が伝わってくるため登場から盛り上がってくれます。

コピーするネタが決まったら、オリジナルをそのまま演じるよりもサークルや社内でだけ通じる内輪ネタにするとウケる場合が多いです。悪口にならない程度の暴露ネタや職場の誰もが感じているあるあるネタを考えてみましょう。

また、特に練習が必要ないネタとしては即興あだ名付けがオススメです。あらかじめ、参加するメンバーのあだ名を考えておく必要がありますが、花見の席ではさも今思いついたかのように話すとリアリティがあります。

テレビでは毒舌のあだ名が人気ですが、花見の席では身近な一般人にあだ名をつけるため、基本的には褒めることが大切です。後で本当にそのあだ名で呼ばれたら困ってしまうため、特にジョークの通じない上司にはちょっとゴマすりかなと思われるくらいのネタを用意しておきます。

この宴会芸はネタの完成度が最も大切で、社内の人間観察をしっかりしておけばウケること間違いなしです。あとはコールアンドレスポンスで同僚や仲間をいじって巻き込み、みんな一緒に盛り上がるようにします。

 

特技を披露して盛り上げる

imasia_555740_M

花見でウケるのは笑いをとることだけではありません。手品やカラオケなど本当に自信のある特技を披露しても、場の空気を盛り上げることができます。カラオケは選曲が最も大切で、桜にちなんだ曲や皆で盛り上がれるアップテンポな曲が人気です。

逆にしんみりする曲はお酒の場がしらけてしまうため避けた方が無難です。カラオケのいい所は一人でも練習できる所です。グループでやる宴会芸の場合、皆のスケジュールが合わなくて練習不足のまま当日を迎えてしまうことにもなりかねません。

カラオケなら、たとえグループで歌う場合でも一人で自分のパート練習をすることができるため、完成度が高い歌を披露することができます。また、みんなが知っているアニメソングを社内ネタの替え歌にして披露したり、ラップ調にして歌ったりするのも笑いを誘って盛り上げることができます。

花見の宴会芸では手品も定番で、こちらも一人でも披露することができます。手品用品を購入する事前準備が必要になりますが、トークで笑いを取ることが苦手な人にぴったりの宴会芸です。

手品用品はインターネットで購入することもできますが、中には難易度が高く習得が難しいものもあります。初心者はバラエティショップなどの店に足を運んで説明書を読み、習得できそうなものを選ぶといいでしょう。複数のネタを仕込む必要がありますが、技術さえ習得していれば花見以外の宴会でとっさに振られた時でも対応できます。

花見で人気が高い手品は、桜吹雪が舞う華やかなものやビール瓶やグラスに残ったビールを消すといったお酒にまつわる手品です。グッズを使いこなすことはもちろん、周囲にタネがバレない様に振舞う練習も必要です。

練習して習得する宴会芸の他に、体が非常に柔らかいなどの特技がある人は、それを披露するだけでも驚かれます。たとえば手の指を曲げて甲につけたり、右足で立ったまま左足を曲げずに膝を肩につけたりする技を披露すると拍手が起こって場を盛り上げることができます。

また、最近はスマートホンのアプリで宴会に使えそうなものが多数あります。手相アプリや診断アプリがあって、画面の指示に従って操作していくだけであるため手軽です。

難点は画面が小さく大人数の花見では皆で見られないことがあるため、その場合は事前にプリントアウトしたパネルを作っておくといいでしょう。あらかじめ手の写真を撮らせてもらい、社内で一番出世運がある人や恋愛運が高い人を発表しても盛り上がります。

 

仲間を集めてダンスにチャレンジ

imasia_8323725_M

宴会芸の中では難しそうな印象のあるダンスですが、実は特別なスキルがいらない初心者向きの出し物です。練習すればするだけ上達するため、不器用でも一生懸命に練習に取り組める人にはぴったりです。特に一人で人前に立つのが苦手な人は、仲間と一緒にダンスに熱中することで恥ずかしさを紛らわせることもできます。

宴会芸のダンスを成功させるポイントは、なるべくメンバーを多く集めることです。人数が多ければつたないダンスでも見栄えがするし、フォーメーションを工夫すると見ていて楽しいダンスになります。

もちろん、練習をバッチリこなして完成度の高いダンスを披露できれば素晴らしいですが、そうでなくても衣装や小物でウケを狙うことができます。一番簡単なのは男装・女装で、衣装も手に入れやすく普段の自分とのギャップで笑わせることができます。ヒゲや手足の毛を剃っておくと、少しの手間でちゃんとやっている印象を持ってもらえます。

出し物としてのダンスは見るだけで周囲に楽しんで貰えるのが一番のメリットです。完成度が低くても場の空気を白けさせるということがないし、下手なダンスでもそれを演出として見てもらうことができます。たとえば、普段は堅いと思われている人がアイドルダンスでギャップを演出すると、それだけでも注目を浴びてウケる宴会芸になるでしょう。

もう一つ、成功させるポイントは下手でも最後まで全力で踊り切ることです。恥じらいながら踊っていると、周囲にまで伝わってしまって微妙な空気になってしまいます。曲が流れている間は一生懸命ダンスに集中すると、上手い下手に関わらず必ず成功します。必要なのは勇気だけであるため、チャレンジしやすい宴会芸です。

 

おわりに

全ての宴会芸で共通していえる成功への鍵は、積極的にやり遂げることです。宴会芸として場を盛り上げるのは何ともいえないプレッシャーがありますが、そのぶん終わった時の達成感や仲間との連帯感は素晴らしいものになります。

まずは自分が楽しめるネタを探すことから始めましょう。人前に出るのが苦手という人は、その時だけお酒の力を借りて開放的な気分で臨むという方法もあります。楽しく、一生懸命に芸をしている姿は見ている人にも伝わります。宴の主役になる為には事前の準備や練習も必要ですが、それも含めて楽しめる芸をチョイスすることが大切です。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。