女性の肌に最適なムダ毛処理の方法は?セルフ脱毛のススメ

2015.09.15セルフ脱毛 , 美容 , 脱毛
Pocket
LINEで送る

夏場は肌を露出する機会も多く、ムダ毛に悩まれた女性も多いのではないでしょうか。「見られるのは恥ずかしい」「できれば脱毛サロンに行きたいけれど、時間がない」「でも自分で完璧に脱毛したい」などの悩みは、多くの女性が持っています。
そのような方には「セルフ脱毛」がおすすめです。セルフ脱毛のポイントを押さえることで、つるつる肌を手に入れることが可能です。
今回はセルフ脱毛派の方に最適な処理方法とアフターケアをご紹介します。

アイテム別のメリット・デメリット

method-of-optimal-unwanted-hair-treatment01お手頃なシェーバーから本格的な家庭用脱毛器までセルフ脱毛の方法はさまざまですが、気になるポイントはやはりお肌への負担や処理後のことです。主なアイテムのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

【アイテム1】女性用カミソリ

セルフ脱毛と言えば誰もが一番に思いつく方法ではないでしょうか。手に入りやすく、最近は5枚刃でしっかり深剃りできるものまで売られています。ただし、カミソリ負けを起こしやすい、誤った使い方で肌を傷つけてしまうというデメリットもあります。

 

【アイテム2】電動シェーバー

女性用のカミソリと同様、顔・眉用から全身用まで用途別に売られています。家電量販店で見かけることも多いのではないでしょうか。

小型のシェーバーはポーチに入れて携帯できるため外出先でも使用できる、肌を傷める心配が少ないなどのメリットがあります。ただし浅剃りのため、人によってはポツポツとした毛跡が気になるかもしれません。

 

【アイテム3】脱毛クリーム

ドラッグストアなどで販売されている脱毛クリームですが、最近はCMでも見かけます。

手に入りやすい、値段が手頃、毛根から溶かすため、仕上がりがきれいであることがメリットです。ただし脱毛クリームは使用後にクリームを洗い流す必要がある他、肌に合わない方もいます。

 

【アイテム4】家庭用脱毛器

家電量販店や通信販売で購入できます。販売されている脱毛器の中には脱毛サロンで使用されているものと同程度の製品があり、自宅で本格的な脱毛が可能です。

デメリットは製品ごとの価格差が大きく、高性能な製品は高価なことです。また、人によっては使用時に多少の痛みを感じる可能性があります。肌がデリケートな方の使用は難しいかもしれません。

 

背中やデリケートゾーンのムダ毛処理

自分で一番処理しにくい場所は背中です。背中のムダ毛を処理する場合は、脱毛クリームや背中の脱毛用タオルの使用をおすすめします。肌荒れが気になる方は背中専用のシェーバーを使いましょう。

デリケートゾーンの処理も女性は悩むところですが、一番おすすめしたいアイテムが「ブラジリアンワックス」です。ブラジリアンワックスの使い方は、ワックスを部位に塗布して専用シートを貼り付け、剥がすだけです。

ムダ毛処理をした際に毛の先端がとがってしまい、チクチクする場合があります。毛の先端を丸めるためにはヒートカッターを使うと良いでしょう。ヒートカッターはドラッグストアで購入できます。

 

脱毛後はしっかりとアフターケアを

method-of-optimal-unwanted-hair-treatment02せっかくきれいに脱毛しても、肌が荒れてしまったら元も子もありません。脱毛後はしっかりとアフターケアをすることを心掛けましょう。特にカミソリや脱毛クリーム使用後の肌は敏感になっており、カミソリ負けや薬剤負けを起こしてしまうこともあります。しっかりとボディクリームなどで保湿してください。

 

おわりに

今回はセルフ脱毛の方法についてご紹介しました。メリット・デメリットを見極めて、自分の肌に合う方法を探すことがセルフ脱毛の一番のポイントです。普段からセルフ脱毛をしている方も、ムダ毛処理の方法を一度見直してみましょう。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。