自宅ネイル派必見!フレンチも簡単にできるセルフネイルのやり方

2016.09.12ネイル , メイク , 美容
Pocket
LINEで送る

ネイルアートをすれば、平日の職場から休日のデートまで、指先を上品にかわいく演出できます。自宅ネイル派の方は、定番のフレンチネイルの作り方もぜひマスターしておきたいところでしょう。
今回は自宅ネイル派必見の、フレンチも簡単にできるセルフネイルのやり方をご紹介します。

とじ穴補強シールでマスキング

way-of-self-nail-01

資料のパンチ穴やルーズリーフの穴を補強するとじ穴補強シール。実はこのシールの丸いカーブ部分は、フレンチネイルのカーブをきれいに作る役に立ちます。

100円ショップや事務用品売り場で簡単に手に入る便利グッズです。

【やり方】

  1. とじ穴補強シールを用意します。
  2. ネイルファイルで爪の形を整えます。
  3. ベースコートを塗り、乾いたら下地のカラーのマニキュアを塗って乾かします。
  4. フレンチのカーブを作ります。とじ穴の補強シールを爪の根元の方に貼り、位置を調整します。爪の両サイドが浮きやすいため、貼る際は少し押さえるように貼りましょう。
  5. 爪の先から、シールの上に少し掛かるところまで、お好みのネイルカラーを塗ります。
  6. ネイルカラーが充分乾いたら、とじ穴補強シールをゆっくりはがします。
  7. トップコートを塗ってできあがりです。

とじ穴補強シールを使用することによって、フレンチネイルのカーブをきれいに作ることができます。細かい作業が苦手な方でも、簡単にできますよ。

マスキングテープでアレンジフレンチ

way-of-self-nail-02
さまざまな使い方ができるマスキングテープも、セルフネイルに役立ちます。

フレンチネイルを作る際だけでなく、さらに細かいアレンジも加えたい場合にも活用できる便利グッズです。

【やり方】

  1. マスキングテープを0.5cm×2cmほどに細かく切ったものを、必要な分だけ用意します。
  2. ネイルファイルで爪の形を整えます。
  3. ベースコートと下地カラーのマニキュアを塗り、乾かします。
  4. ベースカラーが完全に乾いたら、マスキングテープを少しカーブさせるようにしながら爪に貼ります。爪からはみ出た部分も指に巻くように押さえながら、しっかりと貼ってください。
  5. 爪にお好みのネイルカラーを塗ります。
  6. 完全に乾いたら、マスキングテープをゆっくりとはがします。
  7. トップコートを塗ってできあがりです。

さまざまな幅のテープをたくさん用意することによって、ボーダーや柄や重ねフレンチを楽しむこともできます。カーブの境目にラメやストーンを加えても素敵ですね。

スポンジでグラデーションも

way-of-self-nail-03

スポンジとネイルチップを使用し、グラデーションのフレンチネイルを作ることもできます。

ネイルチップに色を塗ってから、爪に装着しましょう。スポンジはどこのご家庭にもあると思いますので、さっそくチャレンジしてみましょう。

【やり方】

  1. スポンジを用意します。市販のネイル用スポンジでも良いですが、ファンデーション用スポンジや、掃除用の目が細かいメラミンスポンジなども使用できます。
  2. ペーパーパレットの上にマニキュアを出します。ペーパーパレットは、アルミホイルやマニキュアを吸収しない素材の紙などで代用することもできます。
  3. パレットに出したマニキュアを、スポンジの角の部分に吸収させます。
  4. マニキュアが爪にべったりとついてしまうことを防ぐため、スポンジを紙の上などでトントンとたたきます。
  5. 爪の先の方から、少しずつカラーを載せていきます。グラデーションのにじみやヨレを防ぐために、こまめに乾かしながらカラーを載せましょう。
  6. 完全に乾いたら、トップコートを塗ってできあがりです。

スポンジの目の粗さによってグラデーションの表情が変わります。さまざまな種類のスポンジで試してみてはいかがでしょうか。

おわりに

手軽に手に入る便利グッズを利用して、簡単、そしてきれいにオリジナルのネイルを作ることができます。セルフネイルをしたことのない方も、ぜひこの機会に自分好みのネイルに挑戦してはいかがでしょうか。

タグ : セルフネイル フレンチネイル
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。