夏用ファンデーションはもう終わり!秋用ファンデーションの選び方

2014.08.31ファンデーション , メイク , 美容
Pocket
LINEで送る

季節によって着るものを変えるように、肌にもその季節に合ったファンデーションを選ぶべきです。季節に合わせたファンデーションへの衣替えは、メイクを美しく見せるためにもとても大切なポイントです。
そろそろ夏も終わりに近づき秋冬用ファンデーションを検討し始める時期になります。
そこで今回は季節によってファンデを変えるメリットや、秋冬用ファンデの選び方をご紹介します。

春夏用ファンデと秋冬用ファンデの違い

春夏用ファンデと秋冬用ファンデの違い春夏用ファンデーションは湿気も気温も高い夏に対応するため、皮脂を抑えて崩れを防止する機能が備わっています。また、紫外線が強くなる時期のためUVブロックの効果が高く、太陽の光からお肌をしっかり守ってくれるようになっています。

一方秋冬は湿度が低く、暖房などによって空気が乾いていることが多いです。その点を考慮して秋冬用ファンデーションは、保湿性を重視し潤いをキープしてくれるようになっています
春夏用と秋冬用のファンデーションはそれぞれに特性があり、対応する季節に生じるお悩みをカバーするように作られているのです。

 

肌質に合った秋冬用ファンデの選び方

肌質に合った秋冬用ファンデーションファンデーションは自分の肌質に合ったものを選ぶことで、よりお肌を美しく見せることができます。ここでは代表的なファンデーションのタイプの特徴や仕上がりを紹介していきます。

 

【1】パウダータイプ

粉末を固めた形状になっています。日頃から油分が多く、テカりが気になる人にはパウダータイプのファンデーションが最適でしょう。パウダーファンデーションは、メイクに時間をかけたくない人や、メイク初心者の方にも簡単に塗れてムラになりにくいためおすすめです。
ややマットな仕上がりのものが多く、年代問わず一番使われているタイプです。

 

【2】リキッドタイプ

液状タイプのファンデーションで、乾燥肌の人に最適です。しっとりとした潤いが続き、お肌に程よいツヤ感が出ます。リキッドタイプは薄めに塗ればナチュラルな素肌感が出せるため、厚塗りをしたくないという方にもおすすめです。

 

【3】クリームタイプ

クリームタイプの形状です。リキッドよりもさらに油性成分が多く含まれているため、秋冬の乾燥に悩んでいる人や、長時間暖房のきつい場所で過ごす方に最適です
カバー力も高く、お肌の気になる点を綺麗に隠してくれます。クリームタイプは崩れにくいため、イベント時や長時間メイクを落とせない時などにもおすすめです。

 

【4】オイルタイプ

近頃ブームとなっているオイルタイプのファンデです。オイルベースの美容成分たっぷりで乾燥に強く、肌に自然なツヤ感が出るのが特徴です

 

季節の変わり目は上手に使い分け

季節の変わり目夏から秋に切り替わる時期は、まだまだ日差しが強い日もあります。また、行楽シーズンでもあるため、長時間屋外で過ごす機会も多いかと思います。そんな時は、UV効果の高い夏用の下地を使用し、ファンデーションは秋冬用にするとよいでしょう

季節の変わり目は、自分のお肌のコンディションやその日の環境によって使い分けることで、崩れ知らずのお肌を保つことができます。

 

おわりに

メイクの中で最も重要な部分であるベースメイク。お肌が美しく見えるだけで、その人自身の美しさが増して見えるからこそファンデーション選びは手を抜けません。オールシーズン対応のファンデーションもありますが、季節に合わせたものを使用した方が気候の弱点をカバーしてくれるため、持ちも断然良くなります。

夏に日焼けをした方は、秋冬ファンデを選ぶ時はカラーにも注意してみて下さい。自分で判断が難しい時には、化粧品売り場のアドバイザーに相談してみるとよいでしょう。

タグ : 秋用ファンデーションの選び方
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。