大人も子供も仮装を楽しもう!ハロウィン初心者におすすめの仮装

2016.09.23ハロウィン , 文化 , 行事
Pocket
LINEで送る

最近日本でも秋の定番イベントとして定着しているハロウィン。さまざまな仮装を楽しみながらハロウィンを満喫する方を目にすることも増えました。しかし、「参加してみたいけど仮装はちょっと恥ずかしい」「どんな格好をすればいいの?」とお悩みの方も多いのではないでしょうか。そこで今回は、大人も子供も楽しめる、ハロウィン初心者におすすめの仮装をご紹介します。

ハロウィンってどうして仮装するの?

halloween-costume-01

まずはハロウィンの基礎知識について確認しましょう。ハロウィンの起源は、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す古代ケルト人の祭りであるといわれています。古代ケルト人にとっての1年の終わりである10月31日に行われた、宗教的な意味合いがある行事です。現代では、宗教的な意味合いが消え、主に英語圏の国々で民間行事として定着しています。

では、なぜハロウィンの日に仮装するのでしょうか。古代ケルト人は「10月31日の夜に霊界から死者が家族を訪ねてくる」と信じていました。しかし、霊界からやって来るのは死者だけではありません。精霊や魔女、悪魔などもやって来ると考えられたため、身を守るために仮面をかぶり、魔除けの火を焚きました。このような風習が発展し、ハロウィンが広く浸透されていく中で「仮装する」習慣が一般的になりました。

定番の仮装とは

ハロウィン初心者にとって、派手な仮装や露出の高い仮装は気が引けるかもしれません。ハロウィン初心者には簡単にできる定番の仮装がおすすめです。

魔女

黒のワンピースに黒のとんがり帽子を合わせましょう。黒のマントを着ると完成度が上がります。メイクも少し濃い目にして魔女風にすると良いでしょう。

黒猫

猫耳カチューシャとしっぽの装着で簡単に黒猫仮装の完成です。顔にヒゲを書くこともお忘れなく!

ドラキュラ

黒のスーツに蝶ネクタイと黒のマントを合わせましょう。マントは裏地が赤だとより雰囲気が出ます。牙を付ける、少し顔色を青白くメイクする、口紅を塗る、髪をオールバックにするなど、可能な範囲で工夫しましょう。

悪魔

ツノ付きカチューシャをして背中に羽を付けましょう。矢印型のしっぽを付けることにより、一段と悪魔っぽくなります。

その他

halloween-costume-02

ポリスやナースなどハロウィンに関係ない仮装でも構いません。仮装する際、ひと目で何の仮装か分かることが重要です。アニメのキャラクターや動物、ハチやてんとう虫などもおすすめです。小さいお子さんにはカボチャの仮装も似合うでしょう。

手作りする場合、黒とオレンジの布を用いるとハロウィンの雰囲気が漂う仮装になります。手作りが難しい方はパーティーグッズを売っているお店で購入しても良いでしょう。
いきなり全身仮装することに抵抗がある場合は、帽子だけ、カチューシャだけなど部分的に挑戦してください。

オリジナルにアレンジ

何の仮装をするか決まった方は、せっかくですから少しアレンジしてはいかがでしょうか。アレンジといっても、仮装する衣装や合わせるメイク、髪型に少しの工夫を加えるだけです。

例えば、可愛くアレンジする場合は、スカートにボリュームを持たせたり、目元にストーンシールを貼ったりすると良いでしょう。逆に、セクシーにアレンジしたい場合は、スカートをタイトにしてください。不気味な雰囲気を出したい場合は、顔色を青白く、目の周りを黒くしてゾンビメイクすると良いでしょう。箒やステッキなど、小物をプラスするだけでもオリジナルの仮装になります。

おわりに

ハロウィンは、仮装して参加することにより楽しさが倍増します。「Trick or Treat!」を合言葉に、大人も子供もぜひ仮装デビューしましょう。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。