妊娠中・産休中に資格を取るポイント

2014.07.21学習 , 資格 , 資格取得
Pocket
LINEで送る

「妊娠中(産休中)って暇……。」そんな意見をお持ちの妊婦さんはいらっしゃいませんか。散歩などで適度に体を動かすのが大事だと分かっていても、いざお腹が大きくなってくると少し歩いただけでも疲れるものです。また、悪阻や食欲不振などで体調が優れない日が増え、なかなか外出する気持ちになれないという方も多く、思いのほか暇を持て余してしまう妊婦さんも少なくありません。

育児に関する本を読む時間や妊娠中の体について勉強する時間は、とても大切です。しかし、時間が余ってしまい、有効に時間を使いたいと感じる方は資格の取得を目指してみるのはいかがでしょうか。

一言に資格と言っても、その種類や目的はさまざまです。ここでは妊娠中や産休中、ストレスなく楽しみながら取得できる資格と、産後本格的な職場復帰を目指す方が活かせる資格について触れていきます。また、資格取得時に気をつけたいポイントについても、併せてご紹介します。

 

趣味の資格や講座を楽しみながら取得しよう

楽しみながら余暇時間を過ごす

妊娠中のストレスは、ママの体にも赤ちゃんにも大敵です。ゆったりとした時間を大切にしながら、また食生活や体の変化に気を配りながら、大きなストレスを感じることなく過ごすのが大原則ということを、まずは認識しておきましょう。

妊娠中や出産後という時期には、慣れない育児や体調の変化などによる不安からふさぎ込んでしまう人も少なくありません。時間があるうちに新しい趣味や資格取得そのものを楽しむ経験を積んでおくことによって、ストレスに晒されがちな妊娠・出産の時期を楽しく乗り切ることができるようになります。

外出することなく自宅で始められる「ビーズアクセサリー」のような趣味の講座や、気軽に取得できる「カラーセラピー」などの資格取得を目指しても良いでしょう。また、仕事をしているとなかなか長続きしないというケースが多い「料理教室」に通うというのも、楽しみながら産後の生活に役立てることのできる有効な方法であるといえます。

 

職場復帰に役立つ資格を取得したい、という方は

資格の勉強をしよう

「出産後だけでなく、子育てが一段落した後の職場復帰まで視野に入れて資格を取得したい。」――そんな風にお考えの方は、じっくり学んで取得する資格を目指してみるのも良いでしょう。ファイナンシャルプランナーや簿記など、取得のためにある程度まとまった時間を掛けて勉強する必要がある資格を目指してみるのも、妊娠中の時間を有効利用して自分の武器を手に入れる効果的な方法です。

ただし、この場合にはいくつか注意が必要です。上記のような資格は、資格試験を受験して合格する必要があるものがほとんど。そのため、無理なスケジュールを組んでまで出産前の取得を目指そうとしてしまう方もいます。資格取得という目標がストレスになってしまう場合も考えられ、非常にデリケートな時期である妊娠中という期間の心身への負担になってしまいます。

資格試験は、産後に受けることも十分可能です。妊娠中の取得にこだわり過ぎず、無理のないスケジュールでストレスなく勉強できるように気を配りましょう。

 

ここに気をつけよう!妊娠中の資格取得、意外な落とし穴とは

資格取得の落とし穴

妊娠中に資格の取得を目指す場合、気をつけておきたいことが何点かあります。余計なストレスが掛かって体の負担になってしまい、一生懸命勉強をして資格を取得したにも関わらず結局就職には活かせなかったなどの事態に陥ってしまわないよう、注意が必要です。

まず、妊娠・出産期間に勉強するにはそぐわない資格についてです。例えばアロマテラピー。魅力を感じる女性が多い職業のひとつではありますが、アロマの勉強は、匂いに対して敏感になりやすい妊娠中や、乳幼児がいる家庭では継続が非常に難しくなります。実際に資格を取得していざ仕事を始めようとしても、正社員での採用例は少なく、ほとんど経験がないままに独立開業を行うのも難しいという面に気をつけなくてはなりません。

また、手軽に取得することが可能な「民間資格」の取得を目指す場合も、いくつか注意が必要です。民間資格は、それぞれ主催する団体によって基準がまちまちです。そのため知名度が高いものでない限り、直接就職に有利になることが少ないという難点があります。例えば医療事務は、再就職を目指す女性に人気の高い資格のひとつです。しかしこれも民間資格であり、さらに2年ごとに改定が行われるという点に注意が必要です。採用の際には資格そのものよりも経験が重視されるケースも多く、未経験の人が資格だけで就職を目指すのは難しいとも言われています。

これらの注意点は妊娠中・産休中に限ったことではありませんが、どんな資格も取得すれば必ず就職に有利になる、というわけではないことをしっかりと覚えておきましょう。

 

おわりに

妊娠中は、体調や体そのものの変化が頻繁に見られる時期です。空いた時間を有効に使いたい、資格を取って自分の武器を増やしたい……その思いを形にするために、資格の取得は魅力的だと感じる方は多いでしょう。

大切なのは、資格の取得のために体や心に負担を掛けてしまわないことです。試験までに無理なスケジュールで勉強時間を確保し、過剰なストレスを感じてしまうようなら、一度そこから離れてみたほうが良い結果に繋がるかもしれません。

赤ちゃんにとっても、ママにとっても重要な時期である妊娠期間。健やかな体と心を維持することを第一に、楽しみながら資格の取得を目指してみましょう。

 

参考URL

http://www.tccolors.com/ TCカラーセラピー・TCカラーセラピスト公式サイト

タグ : 妊娠中・産休中に資格を取る
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。