落札相場を見極めろ!初心者向けオークションで安く落札するコツ

2016.11.01ネットオークション , 生活 , 生活の知恵
Pocket
LINEで送る

最近、欲しいものを安く手に入れられると人気のネットオークション。オークションにチャレンジしたいけれど、やり方が分からないという方も多いのではないでしょうか。コツさえつかめば、オークションで掘り出しものを手に入れることも十分可能です。

これからオークションを始める方のために、ネットオークションで安く落札するコツについてご紹介します。

ヤフオク!と楽天オークション

ネットオークションはインターネットでオークション、つまり競売をすることです。競売とは、複数の買い手に値段をつけさせ、最高価格を入札した人物に商品を売るというやりとりのことを指します。

オークションサイトはいくつかありますが、初心者におすすめのものは、大手のネットオークションサイトです。大手サイトは利用者が多く、初心者でも取引の操作がしやすいため、簡単に始めることができます。また、扱われる商品の種類が充実していて、サイトに関する情報が充実している点も、大手を利用するメリットでしょう。

現在のオークションサイト市場では、ヤフオク!がそのほとんどを占め、次点で楽天オークションが利用されています。現在これら2つが主流のため、オークションを始める際には、ヤフオク!か楽天オークションのどちらかを利用してみましょう。

安く落札するには

オークションに参加するからには、できるだけ安く落札したいと思うのは当然のこと。そのためには、事前に知っておくべきコツがあります。

競争者の少ない商品を探す

the-trick-to-successful-bid-cheaply-at-auction-01

入札が多い商品は人気商品ともいえ、最終的に高額になる可能性があります。裏を返せば、検索上位にあがらず入札が少ない商品は、比較的リーズナブルな価格で落札できる可能性が高いといえるでしょう。

例えば「iPhone」を「アイフォン」という名前で出品されている場合、検索上位に来にくいため、相場よりも安く落札しやすくなります。このような掘り出しものを見つけるためには、商品名で検索するのではなく、カテゴリから探す方法がおすすめです。

商品の相場調査と目標価格の設定

めぼしい商品があれば、その商品の相場がいくらなのかを調べましょう。ネットよりも、実際は家電量販店で売られている方が安かった、ということも十分に考えられます。
相場をネットや近隣の量販店でチェックしたら、次に目標落札額を決めてください。例えば相場が1万円の場合、目標価格を9,000円に決め、目標を1円でもオーバーしたら絶対に入札しないようにしましょう。

落札するタイミング

最初は周りの様子を見ながら、入札のタイミングを計りましょう。入札し忘れや早期終了のことを考えて、まずは、予算よりも少なめに入札してみても良いかもしれません。
また、最近のオークションでは、オークション終了5分前から終了時間までに入札があると、締切り時間が5分延長するようになっています。つまり、終了間際に入札する作戦が一概に良いとは断言できません。

最初に大きくリードしてみたり、こまめに入札してみたりと、周りの様子を見ながらタイミングをうかがいましょう。

自動入札システム

ヤフオク!では、予算内で安く落札できるように、他の入札者と競って自動的に入札するしくみが用いられています。欲しい商品があった場合、最高入札額と入札単位を設定すると、現在価格から最高額の間で自動入札が働きます。

例えば、500円の商品に対し、入札最高額1,000円・入札単位50円と設定したとします。最初は出品価格の500円で入札されますが、誰かが510円で入札した場合、510円+50円=560円で自動入札され、このやりとりが最高額の1,000円まで自動的に続けられるというシステムです。
予算内で絶対に収めたい方は、ぜひ活用しましょう。

おわりに

ネットオークションでは、誰もが欲しい商品をできるだけ安く落札したいと思います。しかし、オークションのことを何も知らないままでは、失敗してしまうかもしれません。
競争率、市場相場との価格比較、入札するタイミングなどを考えることが重要です。

また、出品者に値下げ交渉を行えることもあります。その場合、お互いに納得する金額で落札することができるため、安く落札する方法として考えておきましょう。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。