結婚式の素敵演出!婚約指輪を使ったエンゲージカバーセレモニーとは?

2017.01.08恋愛・結婚 , 結婚
Pocket
LINEで送る

結婚式の素敵演出

指輪交換は、結婚式に欠かせない演出のひとつです。最近人気となっている、エンゲージカバーセレモニーをご存じでしょうか。エンゲージカバーセレモニーとは、婚約指輪と結婚指輪を、同時にお披露目できるセレモニーです。婚約指輪は、プロポーズのときにもらう、大切な指輪ですよね。婚約指輪を使用した演出は、新郎新婦にとって、より良い記念になるでしょう。

 

永遠の愛を誓う、エンゲージカバーセレモニー

エンゲージカバーセレモニーエンゲージカバーセレモニーは、指輪交換をしたあと、婚約指輪を結婚指輪に重ねて嵌める儀式です。そして、2人の愛を再確認し、絆が永遠に続くよう、婚約指輪で蓋をします。

一般的に婚約指輪は、結婚の約束をした男女間で女性にのみ、贈られる指輪です。あくまでも、結婚の約束を指す指輪ですが、結婚の約束をカタチにした指輪のため、大切に保管している女性も多いでしょう。

婚約指輪には、もっとも硬い石といわれるダイヤモンドが使用されています。ダイヤモンドのように、2人の絆が固く結ばれるよう願いが込められているのです。また、婚約指輪には、ルビーなどの宝石も使用され、デザインもゴージャスですよね。エンゲージカバーセレモニーの演出にも、婚約指輪は華を添えてくれるでしょう。

 

エンゲージカバーセレモニーの流れ

一般的なエンゲージカバーセレモニーですが、司会者や牧師がいる場合、進行はおまかせしましょう。そして次のように、エンゲージカバーセレモニーは行われます。

  1. 通常の指輪交換を行う。
  2. 新郎から新婦へ、婚約指輪を贈る。
  3. 司会者や牧師にエンゲージカバーセレモニーの意味を説明してもらう。
  4. ゲストの方へお披露目。

以上が、エンゲージカバーセレモニーの流れになります。お披露目のときは、ゲストの方にたくさんの拍手で、祝福していただきましょう。婚約指輪と結婚指輪が重なった左手は、きっとどんな宝石よりも輝いて見えますよね。

 

指輪交換に欠かせない、リングピロー

リングピロー結婚式の素敵な演出を支える、リングピローについてもご紹介します。リングピローは、結婚式で指輪交換が行われるまで、指輪を置いておく小さなクッションです。使用方法はさまざまで、婚約指輪と結婚指輪を一緒に置いても良いですし、婚約指輪のみ、別のリングピローで用意する方もいます。

リングピローには紐がついていますが、こちらにも大切な意味があることをご存じでしょうか。古代ヨーロッパでは、紐やリボンで結びつける行為を「約束」とし、結婚の象徴とされていました。ですから、指輪交換にはリングピローが欠かせないのです。

また、リングピローには色やサイズの規定がないため、家族や友人に手作りのリングピローをいただき、使用する場合もあります。一般的には、白色のシルクで作られたリングピローが多いですが、結婚式の雰囲気に合わせて、好きなデザインで準備できるのが嬉しいですよね。

 

おわりに

今回は、エンゲージカバーセレモニーについてご紹介しました。エンゲージカバーセレモニーは、比較的あたらしい演出方法で、あまり浸透していないのが現状です。ただ、新郎新婦にとって結婚式は、人生最大のイベントですし、たのしい記憶はたくさんあったほうが心に深く刻まれます。とても意味のある、ロマンティックなエンゲージカバーセレモニーを、一生の思い出づくりに役立てましょう。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。