時間の余裕のない社会人でもできるボランティアの始め方

2014.07.01ボランティア , 社会 , 社会活動
Pocket
LINEで送る

社会人でもできるボランティアの始め方のご紹介

ボランティアの種類は実に豊富です。何のためにボランティアをしたいのか、どんなボランティアをしたいか、目的や内容をあらかじめ明確にしておくとボランティアを選びやすくなります。

特に社会人は本業の仕事もあるので、ボランティアに費やす時間は限られています。それを考慮してボランティア内容を選ぶと、ボランティアが負担にならず、長く継続していくことが可能です。

ボランティア始めるうえで大切なのは、自分の仕事とボランティアの両立、ボランティアに対する熱意なのではないでしょうか。ここでは社会人でもできるボランティアの始め方をご紹介します。

 

何故ボランティアを始めたいか?ボランティアのあり方を理解する

ボランティアのあり方を理解する

何故ボランティアを始めたいか?

自分の仕事にも関連したボランティア、まったく違う専門分野におけるボランティアなど。きっかけは何であれ、ボランティアを始めようと考えたなら、情報収集から始めなくてはなりません。情報収集には、インターネットや雑誌もありますし、自治体の広報から検索するという方法もあります。

ボランティアの種類は豊富で、日本の自治体や地域のボランティアから途上国におけるボランティアまで対象範囲は広いです。ボランティアの内容も、実際に参加するボランティアもありますが、インターネットでワンクリックするだけ、また個人で収集をして送るだけなどの方法があります。

 

どのようなボランティアを行いたいのでしょうか?ボランティアの内容や活動範囲は多岐にわたるため、ある程度、ボランティア内容を明確にしておかなければ、選ぶことは容易ではありません。迷った時には、ボランティアを始めたいと思ったきっかけはなんであったか?どのようなことをしてみたいか振り返ることが大切です。また実際にどの程度ボランティアに費やす時間があるか?自分の仕事と両立ができるか、負担にならないかを考慮しましょう。

ボランティアのあり方、それは時間がある時に善意で行う何らかの補助的行動です。学生のときは、学校やサークルなどでボランティア活動に参加する経験も少なくありません。しかし社会人になると、仕事での時間の制約があるため、実際ボランティア活動をすることが難しい場合があります。また多くの場合は無償です。そのことを理解して、本当にボランティアをしたい内容でなければ、継続性がなく、一時的なボランティアになる可能性もあります。

 

国内でボランティアを始めてみる

日本の自治体や地域のボランティア

国内でボランティアを始めてみる

国内でボランティア活動を始めるにはどのようにしたらよいでしょうか。ボランティアは、草の根的な、本当に人に知られることのない所でバックアップ的に活動するものもあります。反対に大きな集団で、目に見える形でボランティア活動をするところもあります。

 

一番身近で気軽に取り組めるのは、各自治体が募集している地域のボランティアです。これは、地域の清掃活動や、身体障害者や高齢者などの補助をするボランティア、また公共の場所の花植えなど様々なものがあります。

自治体のボランティアはボランティア団体としての安全性が高いので、登録するのも不安が少ないでしょう。また自分の地域活動に参加することで、今まで知らなかった地域性などを知ることができます。

ボランティアを始めるには、ボランティア団体を探す、ボランティア内容を検討する、そして登録して、活動するという手順が必要です。

 

国外のボランティアを始めてみる

国外のボランティアを始めてみる

社会人ができるボランティアは、期間が週末だけに限られていることもあります。ボランティアに費やす時間が2~3時間と短時間のこともあります。

海外で活動している団体のボランティアなどを考えても、時間が限られている社会人には、実際に海外まで行くことはできません。海外のボランティア団体は数多くあり、広告やインターネットなどで容易に検索することができます。会費を払ってメンバーになり、経済的な面で支援する、また不用品などを収集し海外に送るボランティアもあります。国内にいながらにして、国外のボランティアをすることも可能なのです。

また長期休みにボランティアのスタディーツアーに参加することもできます。ボランティア対象国のものを販売する実店舗の店番ボランティア等もあります。国外のボランティアに参加する場合、ボランティア団体の安全性を把握、そして登録して参加することが大切です。

 

最後に

強い志で何かボランティアを行うことも魅力的ですが、継続して行っていくためには、小さなことをコツコツと、という心掛けが重要です。

ボランティアは無報酬ですが、それ以上に得られることがたくさんあります。また一人の力では何もできなくても、多くの人が集まって力を出せば、いろいろなことが成し遂げられるものです。自分にもできるボランティアを探して始めてみましょう。

 

参考URL

社会人から始めるボランティア活動を通して | 支援者の声 | 私スタイルのCAREライフ | 国際協力NGO CARE|ケア・インターナショナル ジャパン

タグ : 社会人 ボランティア
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。