薄毛対策!食事にサプリ、育毛に重要な3つのポイント

2016.07.19ヘアケア , 美容 , 薄毛
Pocket
LINEで送る

加齢による薄毛に悩む方の中には、油ものや塩分・糖分を多く含むものを日常的に食べたり、過度の飲酒や外食を頻繁にしたりする方も多いのではないでしょうか。薄毛対策のためには頭皮環境を守るだけではなく、適切な食事や栄養の摂取が重要です。

今回は薄毛の進行を遅らせ、育毛を促す食事とサプリについてご紹介します。「最近薄くなってきたな」と感じる方はぜひ参考にしてください。

【ポイント1】「納豆」でイソフラボンを取る

important-three-points-in-hair-growth01薄毛対策のために何を食べれば良いか分からない方には、納豆がおすすめです。

薄毛の一因となる「5αリダクターゼ」という成分があります。5αリダクターゼを抑制するためには「イソフラボン」や「亜鉛」の摂取が効果的です。納豆には両方の成分が含まれています。

納豆の原料である大豆に含まれる「タンパク質」も髪の毛を作る大事な栄養素です。大豆は頭皮の新陳代謝を促進する「ビタミンB群」も含んでいます。納豆が苦手な方は豆腐やみそ汁で大豆を摂取するようにしましょう。

 

【ポイント2】「レバー」で亜鉛を取る

「ポイント1」で述べたように、髪の毛を作るためにはタンパク質と一緒に「亜鉛」を取ることが重要です。亜鉛はストレスや飲酒により失われるため、こまめに補う必要があります。亜鉛は魚介類、肉類、乳類など、さまざまな食品に含まれています。

問題は十分な量の亜鉛の摂取が難しいことです。ナッツやゴマなどの種実類にも亜鉛は含まれていますが、種実類を多く摂取することは大変です。

そこでおすすめしたい食品がレバーです。レバーの摂取により「亜鉛」だけでなく、他の育毛を促す栄養素を取ることができます。レバーに含まれるビタミンB群は皮脂の酸化防止効果を持ち、抜け毛の進行を抑制します。

大量のアルコールは亜鉛を多量に消費してしまいますし、インスタント食品に含まれている添加物には亜鉛の吸収を阻害するものもあります。

亜鉛を摂取するだけでなく、体内に吸収できるような食事を心がけましょう。

 

【ポイント3】サプリでビタミンとミネラルを補う

important-three-points-in-hair-growth02「タンパク質」や「亜鉛」だけでなく、「ビタミン」や「ミネラル」も髪の毛に必要な栄養素です。緑黄食野菜を積極的に食べることが大切ですが、野菜からビタミンやミネラルの必要摂取量全てを取ることは容易ではありません。また、仕事中などは思うように野菜を取れないという方もいるでしょう。

そんな方にはサプリからビタミンとミネラルを補う方法をおすすめします。おすすめしたいサプリメントは、必須ビタミン13種類を含むマルチビタミンとミネラルが配合されたタイプです。

4種類の脂溶性ビタミン(ビタミンA・ビタミンD・ビタミンE・ビタミンK)及び9種類の水溶性ビタミン(ビタミンB1・ビタミンB2・ビタミンB6・ビタミンB12・ビタミンC・ナイアシン・パントテン酸・ビオチン・葉酸)とミネラルをバランス良く取ることができます。

「ポイント1」「ポイント2」でご説明した「イソフラボン」「亜鉛」もサプリメントが販売されています。ドラッグストアで比較的安価に手に入るため、仕事が忙しい方や納豆やレバーを食べる機会の少ない方は、サプリメントをプラスアルファで取り入れると良いでしょう。

おわりに

今回は薄毛対策のための食事とサプリについてご紹介しました。

頭皮の手入れに気を配っても、毎日の食事をおろそかにしては薄毛対策の効果が半減してしまいます。育毛には食事から十分に栄養を摂取することが重要です。食品やサプリメントからタンパク質、亜鉛、ビタミン・ミネラルを毎日取るようにしましょう。

また、ストレスを溜め込まないよう自分なりのストレス発散法を探したり、適度な運動をしたりすることも大切です。薄毛が気になる方は、ぜひ生活習慣から見直してみましょう。

 

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。