冬の結婚式の服装はコレ!冬のドレスコーディネートポイント

2016.10.21ドレス , , 美容
Pocket
LINEで送る

澄んだ空気の中で、厳かな雰囲気に包まれる冬の結婚式。しかし冬の結婚式では、コーディネートに悩む方が多いのではないでしょうか。冬の定番アイテムのファーやコートも、フォーマルな場である結婚式や披露宴では、タブーとなることがあります。

そこで今回は、冬の結婚式におけるドレスコーディネートをご紹介します。

ドレスの素材と色で冬らしさを演出しよう

winter-wedding-01

寒いからといって、薄手のドレスの上に厚手のボレロやモコモコのコートを羽織ると何だかもたついて見えてしまいます。冬の結婚式においては、厚手の上着ではなく、ドレスの素材や色で冬らしさを演出しましょう。

しっとりとした暖かな光沢が出るベロア素材は特におすすめです。また、シックな雰囲気を演出できるジャガード素材も良いでしょう。落ち着いた色のドレスでも、刺しゅうやパターン選びでグンと華やかさを添えることができます。

一方、ニット素材やコットン素材は、結婚式や披露宴などのフォーマルな場ではあまり好ましくありません。
ドレスの色に、花嫁の色である白を避けることもマナーです。結婚式におけるドレスの色の定番は紺・黒ですが、冬の結婚式の場合は暖かなトーンを選んでも場が華やかになるでしょう。例えば、ワインレッドや深い色味のグリーン、上質なチャコールなどはベロアやジャガード素材との相性も抜群です。

花嫁と親しい場合はお色直しのドレスの色を事前に教えてもらい、花嫁を引き立てる色味を選ぶと良いかもしれません。

ストッキングや足もとは他の季節と同様に

ドレスを暖かな雰囲気でまとめたら、ストッキングや足もとも冬らしくコーディネートしたくなるところです。しかし、そこは気持ちをグッと抑えてあくまでもフォーマルを心掛けましょう。

冬の結婚式においても他の季節と同様、肌色系のストッキングと少しヒールのあるパンプスをおすすめします。寒いからといって、厚手のカラータイツやブーツをはくことは避けてください。また、黒のストッキングも良くありません。お通夜やお葬式などの「不祝儀」の場を思わせるためです。

足もとの寒さが気になる場合は、シートタイプのカイロを腰や足の裏に貼ったり、ストッキングの重ね履きをしたり、おしゃれ着用の腹巻きを身につけたりして対処しましょう。
それでもまだ寒さが気になる場合は、思い切って会場で着替える手もあります。会場で着替える場合は、当日トイレや控え室を着替えのために使用できるのかを会場へ確認しておく必要があります。

冬の冷えは女性の大敵です。自分に合った防寒対策をしっかりと行い、フォーマルな場へ臨みましょう。

小物や靴はファーや皮素材を避けて

winter-wedding-02

華やかでかわいらしいコーディネートができるファー素材は、カジュアルな結婚パーティーなどにおいては用いられることもありますが、厳かな結婚式においての着用は避けた方が良いでしょう。

ファーは動物の殺生を連想させるため、祝いの場にふさわしくありません。リアルファーと見た目が似ているフェイクファーも避けるべきです。また、実利的な問題として、食事の際にファー素材の毛が他のゲストの料理に落ちてしまう可能性もあります。

フォーマル度の高い結婚式では、靴にも皮素材を避けた方が良いかもしれません。おすすめの素材は、定番のエナメル、光沢のある布素材(絹など)です。色味は、ドレスを引き立てるものがおすすめです。例えば品のいいベージュや華やかなゴールド、シルバーなどが良いのではないでしょうか。

おわりに

冬の結婚式のコーディネートには、他の季節とはまた違った楽しみ方あります。
寒さをマイナスではなくプラスに捉えて、自分に合った素敵なスタイルで祝福の場へ向かいましょう。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。