シェアハウスの魅力は何?女性がシェアハウスで暮らすメリット・デメリット

2016.06.22シェアハウス , 不動産 , 賃貸
Pocket
LINEで送る

近年、若年者を中心に広まりつつある「シェアハウス」とは、1つの住居を複数の人と共有する共同生活スタイルのことです。自分専用のプライベートな部屋を持ちつつも、お風呂やリビング・キッチンなどをシェアすることにより、生活費を抑えたり、さまざまな住人との交流を持ったりできるため、人気が高まっています。
シェアハウスを利用している方のおよそ7割は女性であるといわれています。今回は、女性がシェアハウスを利用する上でのメリットとデメリットについてご紹介します。

【メリット1】初期費用、生活費がお得

the-charm-of-the-share-house-01

シェアハウスには、敷金・礼金がない物件や、家電や家具が備え付けられている物件が多いため、引越しの初期費用を抑えることができます。生活に必要な家具や家電、キッチン用品がそろっているため、住み始めたその日から生活を始めることができ、退去する際も荷物の処理にあまり手間がかかりません。

 
また、光熱費やインターネット代も家賃に含まれていることが多いため、生活費もあまり気にせずに利用できるお得さがあります。

【メリット2】設備・施設の充実度

シェアハウスによっては、ハウス内にフィットネスルームやカフェラウンジ、防音室や英会話レッスンなどのカルチャースペースが併設されているところもあります。そのため、ハウス内にいながら自分の興味に合った設備を利用したり、さまざまなアクティビティに参加したりすることも可能です。
また、多くのシェアハウスは共用のキッチンに備え付けられた家電や調理器具が充実しており、ホームパーティーを開くことも可能です。さらに、トイレやバスルームも貸借物件に比べて広く、共用のスペースは広々として設備も充実しています。
シェアハウスは利用者に女性が多いということもあり、防犯上の安全対策に気を配っている物件が多く、女性でも安心、かつ暮らしを楽しめる要素がそろっているといえます。

【メリット3】さまざまな人と交流できる

the-charm-of-the-share-house-02

一般的な賃貸物件にはないシェアハウスの魅力として、さまざまな住人と交流できることが挙げられます。シェアハウスには、小規模なものや大規模なもの、外国人が多い物件や女性専用の物件、共通の趣味を持つ者同士が集まる物件など、さまざまな種類があります。年齢・国籍・性別・職業などに関係なく多様な価値観を持った方々と交流を持ち、人脈を広げることができるでしょう。

シェアハウスの中には婚活をコンセプトとした物件もあるため、男女の出会いの場になる可能性もあります。同性異性問わず出会いを求め、交流を広げたい方々にとっては大変良い環境であるといえるでしょう。

【デメリット1】社交性が求められる

シェアハウスのデメリットの1つは、完全なプライベート空間は自分専用の居室だけで、生活を送る上では住人との関わりを避けられない点です。1人の時間を大切にしたい方にとっては、住人同士の距離が近いことを窮屈に感じることもあるでしょう。また、不特定多数の住人が集まって生活するため、苦手な住人がいても交流しなければならないこともあります。
このような状況で常に生活しなければならないため、シェアハウスに住む方にはある程度の社交性や協調性が必要です。

【デメリット2】住人とのトラブル

他人同士が近い距離で共同生活を送るため、入居者間でのトラブルが起こる可能性もあります。よく起こる問題は音や掃除関連の問題です。洗濯機を回したり掃除機をかけたりする時間にも配慮しなければなりません。
また、冷蔵庫に入れておいた食材やビニール傘がなくなったりするケースもあります。
シェアハウスでは、一般的な賃貸物件以上に住人の性質や相性が大切な要素となるため、人によってはストレスに感じることがあるかもしれません。

【デメリット3】共用設備を使うときは譲り合い

the-charm-of-the-share-house-03

シェアハウスは、一般的にトイレ・キッチン・バスルームなどが共用です。これらの共用設備は他の住人と譲り合って使うことになるため、自由に使えないこともあります。特に女性の場合、就寝前や出勤前などにバスルームを使用したい方が集中し、取り合いになることも頻繁にあるようです。住人同士で、共用設備の1回の使用時間を決めている場合もあるようですが、共用設備を自由に使うことができないのは少々不便かもしれません。
共有スペースは、日頃から入居者同士が譲り合い、お互いに気持ち良く使えるようにする心構えが必要です。

おわりに

女性がシェアハウスで生活するメリットとデメリットについてご紹介しました。シェアハウスによってコンセプトも形態もさまざまです。快適で充実した生活を送るためにも、自分のライフスタイルや好みに合わせたシェアハウスを選ぶよう心掛けましょう。

タグ : シェアハウスのデメリット シェアハウスのメリット
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。