食べて冷えを改善しよう!体を温める効果的な食べ物

2016.10.07健康 , 冷え
Pocket
LINEで送る

体が温かい方は新陳代謝が良く、冷えにくいため、太りにくいといわれています。また、体温が低いと風邪などの病気にかかる可能性が高くなり、女性は妊娠や出産にも影響する可能性があります。冷え性や冷えによる体の不調にお悩みの方は、冬に備えて冷え性対策のための準備をしましょう。

今回は、冷え性を改善するために効果的な食べ物をご紹介します。

血液をきれいにする食べ物

warm-the-body-by-food-01

体が温かい方は血液の循環が良く、血液がさらさらです。体内を駆け巡る血液をきれいにすることにより、温かい体を手に入れることができるだけでなく、皮膚の再生力も高まり、健康な肌になります。

血液をさらさらにする食べ物として代表的な食べ物は、たまねぎです。たまねぎの他にも、海藻類や大豆製品、にんにく、EPA、DHAを多く含む青背魚、クエン酸やアミノ酸が豊富な酢や梅干し、コレステロールや中性脂肪を排出するきのこ類、ビタミンCやカロチン、ミネラル、食物繊維が豊富な生野菜が血液をさらさらにする食べ物として挙げられます。

しかし、生野菜は体を冷やす性質があるため、食べ方には注意しましょう。生ではなく加熱して食べることにより、血液循環を改善し、体を温めることができます。生野菜を食べる際は、季節のものを選び、よく嚙んで食べるようにしましょう。

陽性の食べ物

食べ物には陰性のものと陽性のものがあります。陽性の食品はエネルギーを体内に取り入れ、体を温めてくれます。陽性の食べ物は、塩辛い、寒くて涼しい土地に採れる、硬くて水分が少ない、土の中でまっすぐのびる、煮るのに時間がかかるなどの特徴があります。

例えば、こんにゃく、ごぼう、人参、山芋、れんこん、みそ、みそ、しょうゆ、梅干し、たくあんなどの食べ物は、体を温めるだけでなく上記の食べ物と同様に血液をさらさらにする性質があります。

反対に、豚肉、鶏肉、羊肉、加工肉、卵、チーズ、赤みの魚などの食べ物は、体を温める性質はありますが、血液をドロドロにしてしまうため、摂り過ぎには十分注意してください。

冷えを解消するレシピ

冷え性改善に役立つ食べ物を摂取しようと思っていても、普段の食生活に継続して取り入れることは簡単ではありません。ここでは、体を温める食材を使った簡単でおいしいレシピをご紹介します。寒い季節、自炊をすることも面倒だと感じる方にもぜひ試していただきたいレシピです。

簡単ぽかぽか鍋

warm-the-body-by-food-02

 

材料

鶏肉(80g)ネギ(100g)絹ごし豆腐(100g)きのこ類(50g)生姜(5g)水(1カップ)しょうゆ(大さじ1)みりん(大さじ1/2)塩昆布(2g)
 

作り方

  1. 鶏肉、豆腐、ネギは一口台にカットする。生姜はすりおろします。
  2. 鍋に水、しょうゆ、みりん、生姜、塩昆布、ネギの白い部分、鶏肉、豆腐を加え、火にかけます。②沸騰したらネギの青い部分を入れて、再度沸騰したら火を止めます。

簡単ぽかぽかシナモンココア

warm-the-body-by-food-03

 

材料(2人分)

『1』ピュアココア(大さじ4)シナモン(小さじ1)砂糖(小さじ1)ショウガ(適量)牛乳(大さじ4)『2』お湯(400cc)牛乳(140cc)
 

作り方

  1. 『1』をカップに入れて混ざるまで練り合わせます。
  2. 『1』に『2』のお湯と牛乳を入れます。
  3. お好みでマシュマロやココアパウダーを加えてもおいしくなります。
  4. おわりに

    冷え性を改善するために効果的な食べ物をご紹介しました。今回ご紹介した食べ物やレシピは、1度だけではなく継続して食べることにより初めて効果を発揮します。冷え性を改善するためには、計画的に効果的な食べ物を摂取するよう心掛けましょう。

    また、規則的な食習慣と合わせて運動や入浴をしっかり行うことも、冷え性改善に役立つ重要なポイントです。

    Pocket
    LINEで送る

    The following two tabs change content below.
    @ハウツー編集部
    @howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。