【短期ダイエット】無理なく短期間でダイエットを成功させる方法

2014.06.22ダイエット , 健康 , 短期ダイエット
Pocket
LINEで送る

「短期間でダイエットが成功する方法」

冬の寒い季節はついつい美味しいものを食べ過ぎてしまい、体重が増加……。夏までにはベスト体重に戻したい!特別な日までに集中して短期ダイエットしたい!

でも仕事が忙しかったり、家事やお子さまの面倒を見ていると、日々の生活の中で運動してダイエットを頑張るというスケジュールを組むのはとても難しいですよね。

そこで、時間がない人のために「短期間でダイエットが成功する方法」を伝授しましょう。

 

まずは食生活の改善から。洋食→和食生活にチェンジ

食生活の改善

ヘルシーな和食生活に変える

体重が増えてしまった多くの原因は「食べ過ぎ」にあるのではないでしょうか?特に寒い季節は体が冷えて代謝が悪くなります。運動でもしなければ汗をかくこともないので老廃物が溜まりやすくなり、そこにいつもと同じ量やカロリーの食事をしていれば、自ずと体重は増えていきますね。

日々の生活の中で運動する時間がない人は、食生活の改善からしていきましょう。

痩せるために晩ご飯は食べない、などの無理なファスティングをしていませんか?食事は朝昼晩の3食、きちんと摂るようにしないと栄養バランスが崩れて、逆に痩せにくい体になってしまいます。

3食きちんと食事をして痩せるためには、摂取するカロリーを減らしていくことが大事です。カレーやスパゲティ、揚げ物など「洋食中心」の食生活の人は、和え物や焼き物などの「和食中心」の食事にチェンジしましょう。洋食は平均して500kcal以上あるものがほとんどです。味付けの薄目な和食にするだけでも、大幅なカロリーカットにつながります。

濃い目の味付けを好む人は、初めは物足りなさを感じるかもしれません。噛む回数をいつもより多めにして、食材そのものの味を考えながら楽しみ、徐々に慣れていきましょう。ガマンし過ぎずにガマンすること、これはダイエットの鉄則です。

主食が白米の人は、雑穀米に置き換えてみて下さい。雑穀米にはミネラルや食物繊維も豊富に含まれているため、白米よりも栄養バランスが良いのが特徴です。また、腹持ちが良いため、よく噛んで食べることで自然とおかずの量を減らすこともできます。

 

空腹によるストレスを回避するための極意

空腹によるストレスを回避する

炭酸水で空腹感が落ち着く

短期ダイエットを成功させるために、まず止めたほうが良いのは「間食」です。しかし、間食が癖になってしまっている人の中では、それを止めることでストレスになり、基本の食事でドカ食いしてしまってダイエットが成功しない、というケースもあります。

間食自体が絶対にダメというわけではありません。食べるものが重要なのです。3時のおやつにお腹がすいたらポテトチップスやチョコレートに手を出さず、ミックスナッツやドライフルーツ、焼き芋などを食べるようにしましょう。するめいかも低カロリーですし、何度も噛むことで満腹中枢を刺激できるのと、顎のシェイプアップ効果も得られることで知られています。

また、日常生活において体に取り入れる水分も重要です。水分補給をするなら常温のお水か、ノンカロリーの温かいお茶が良いでしょう。お腹に水分があることでも空腹によるストレスは回避できるはずです。

もし水分だけでは物足りないという場合は、炭酸水を飲むようにしましょう。炭酸水は食事の前や食事中に飲むことによって胃がふくれて空腹感が落ちつき、食べ過ぎを防止できる効果が期待できます。また、炭酸には血管を広げて血の巡りを良くする作用があるため、体が冷えやすい人や基礎代謝を上げたい人にはおすすめです。冷えた炭酸水では胃腸を冷やしてしまいますので、常温で飲むようにしましょう。

 

通勤中、家事の最中にできる運動を心がける

できる運動を心がける

通勤中、家事の最中でも運動を心がける

食事もいいけど、運動してもっと効率よく短期ダイエットを成功させたいという方には、やはり運動です。

スポーツジムやプールなど、体を動かせる場所に行ければいいですが、仕事が忙しかったり家事や育児に追われていると、そうもいかないですよね。そこで、日々の生活の中に運動を取り入れてみるというのはどうでしょうか。

電車通勤の人はこれまで自転車で最寄り駅まで行っていたのを徒歩に変えてみる、職場の最寄り駅よりもひとつ手前で電車を降りて会社まで歩いてみるなど、普段仕事が忙しい人でも通勤の中に運動を取り入れることができます。この時、なるべく歩幅を大きくして早歩きをするのがポイントです。これによって約85~120kcalを消費できます。

また、洗濯や食器洗い、階段の昇降など、日々家事をこなす上でもカロリーは消費しています。階段は足を少し高く上げて上る、食器洗いの時に腹筋に力を入れてみる、など、いつもの動作にプラスアルファで更にカロリーを消費することが可能です。

 

最後に

ダイエットをしたいといっても、忙しい現代人にはダイエットをする時間もなかなか取りづらいもの。だけどこれまで挙げたように、日常生活にダイエットをうまく取り入れて成功させる方法はいくらでもあります。

過度にストレスに感じることなく、まずはできることから始めてみてはいかがですか?

 

参考URL

無理せず始める家事ダイエット|運動・生活活動の消費カロリー|エクササイズ | ダイエットナビ | CLUB Panasonic

タグ : 短期ダイエット 成功
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。