秋の季節がダイエットに向いているこれだけの理由

2014.10.29ダイエット , 健康
Pocket
LINEで送る

「食欲の秋」という言葉があるように、秋には旬の美味しい食べ物がたくさんあります。夏バテ気味で弱った胃腸も回復し、いつもより食べ過ぎてしまうという人も多いでしょう。

しかし、油断をしていると冬に向かって脂肪をため込み、体重増加につながってしまいます。秋こそダイエットしておきたい季節です。

秋は痩せやすい季節という説があります。その理由と効果的なダイエット方法について紹介していきましょう。

 

秋が痩せやすい季節とされている理由

秋は日を浴びる時間が少なく、セロトニンという物質の分泌量が減少します。セロトニンは精神を安定させる重要な役割があるため、人はたくさん食べることでセロトニンを増やすと言われています。

しかし、秋は痩せやすい時期だと指摘されることがあります。その理由は大きく分けて4つあります。

1つ目は、副交感神経があがりやすい環境であるということです。秋は穏やかな気候となり、自然に触れる機会が増え、ストレスが軽減される傾向にあります。副交感神経があがり、自律神経のバランスが整いやすいため、ダイエット効果を得られる可能性が高いです。

2つ目は、運動するのに適した気温であるということです。冷暖房を使わず運動することができるため、体への負担が少なくて済みます。

3つ目は、秋が旬となる食べ物には、代謝に必要な栄養素が含まれたものが多いということです。便通を良くする食物繊維を含んだ野菜・果物が多いため、食事によるダイエット効果が得られやすいです。

4つ目は、基礎代謝が上がるということが挙げられます。夏が終わって秋口に入ると、気温は徐々に下がっていき、それと同時に基礎代謝は上がる傾向があります。基礎代謝が高い体は、何もしなくてもエネルギーを燃やしていくため、ダイエットの効果が大きく出る可能性があるわけです。

以上4つの理由から、秋は痩せる季節と言われています。

 

秋に効果的なダイエット方法を試してみよう!

効果的なダイエットとは痩せやすい秋にピッタリなダイエット方法があります。

まずは、「偽の食欲」に注意するというものです。食欲には2タイプがあり、雑誌・テレビなどの外部刺激によって生まれる食欲は、偽の食欲とされています。

視覚や嗅覚を刺激されて空腹感を覚えることがありますが、それは本当の空腹とは異なるものです。秋はグルメ番組・雑誌が目に入りやすくなります。欲に負けないよう、外部の情報はなるべくシャットアウトしましょう。

シャワー生活が多い夏が終わったら、なるべく湯船に浸かるようにすることも、効果的なダイエット方法の1つです。湯船に10分程度浸かると、基礎代謝が20%くらい上がります。脂肪が燃焼されやすくなるため、マッサージなどをして痩せる体作りをしていくといいです。

秋は自然の景色が美しい時期です。ゆっくり眺めながらウォーキングを楽しむのもダイエットと言えます。秋は体内環境が変わりやすい時期であるため、スポーツや運動などを始めるのに適しています。

意外なダイエット方法としては、着心地・履き心地の良いものを身につけるというものがあります。自分好みのファッションでリラックスした生活を送れば、ダイエット効果を向上させることができるようです。

ダイエットを成功させるためには、ストレスを溜めないことがポイントとなります。痛みが伴うことや、気分が悪くなるようなことを嫌々すると逆効果です。楽しく、肩の力を抜いてできるダイエットを行いましょう。

 

抑えられない食欲をコントロールする、3つの方法

痩せやすい時期である秋にダイエットを始めても、食欲が抑えられないことがあります。空腹時は運動をすると気が紛れ、空腹感を抑えられる傾向がありますが、それでも食欲が勝ってしまう場合は、コントロールする方法を試してみましょう。3つの方法があります。

1つ目は、ローカロリーの食べ物を摂取して、ちょっとした満腹感を得るという方法です。家に低カロリー食を常備しておき、小腹が空いた時に少しずつ食べていきます。噛みごたえのある食べ物を選び、噛む回数を増やしていくと、満腹感を得やすいです。

2つ目は、水分を摂ることで空腹感を満たすという方法です。水は大量に飲むことが難しいため、お茶・紅茶などのカロリーの少ないドリンクを摂取します。一気飲みをすると効果が薄れるため、少しずつ飲むのがポイントです。

3つ目は、食べたいものを全部食べるのではなく、誰かに分けて量を減らすという方法です。ローカロリーの食事ばかりしていると、時々脂っこいものを食べたくなることがあります。そんな時は、ボリュームを減らして少量だけ食べるように工夫しましょう。

同居している人がいれば、その人に分けてあげます。ペットを飼っている人は、シェアして食べられるものなら餌として分けてあげるといいです。

高カロリーのものを全部食べてしまうと、罪悪感を覚えることがあり、ダイエットを断念してしまう可能性があります。少量で満足し、残りを他の人にあげることで、もったいないという感情は抱きにくくなるでしょう。

 

食欲の秋……ダイエットをしながら、美味しく食べられる料理はコレ!

ダイエットおすすめ料理秋に旬を迎え、ダイエット向きと言える食材はいろいろあります。上手に調理をしてカロリーコントロールできれば、手軽に痩せることができます。カロリーの少ない調味料を活用すれば、ダイエット効果はさらに高まります。

食物繊維を多く含んだ秋の食べ物として、キノコ類・サツマイモ・かぼちゃなどがあります。天ぷらなどの油脂が多い料理よりも、素材を活かした煮物やサラダにして摂取するとよいでしょう。

中性脂肪の合成を抑えてくれる、サンマ・イワシ・カツオなどを使った料理もダイエット向きです。これらの魚に含まれる脂肪は不飽和脂肪酸というもので、体内の余計な脂を出してくれるため、太りにくいのです。焼き魚や刺身にすれば、料理が苦手な人でも手軽に調理できます。

旬の食材を使った炊き込みご飯や汁物は、涼しい時期にピッタリでしょう。いろいろな食材をバランスよく摂り入れたレシピを考えるのも楽しいダイエット方法と言えます。

食欲の秋!6つの食材で健康と美容を手に入れる

食べてもいいダイエット!咀嚼法を活かしておいしいダイエットをしよう

食事をしないダイエットは体に悪く、効率的でないと言われています。きちんと食べて、基礎代謝をアップさせて運動をすることが大切です。秋の味覚を堪能しながらダイエットするために、食べ方を工夫しましょう。

咀嚼法という、肥満になりにくくなるダイエット法があります。咀嚼はよく噛んで唾液を出して食べることを意味しており、これだけで太りにくい体を作れます。

1回に噛む回数は20〜30回以上を目安として、慣れるまでは意識的に数えながら食べるといいです。たくさん噛めばビタミンの摂取率が上昇し、唾液と混ざり合うことでタンパク質などが溶けやすくなり、美味しいと感じやすくなります。何度も噛むことで満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことができます。

旬の食べ物が多い秋は、どうしても誘惑に負けてしまうことがあります。そんな時は、ダイエット向きの食材を使った料理を作り、食べ方に注意すればダイエットを成功させることができるでしょう。

 

おわりに

秋は痩せやすい環境が整った季節です。ダイエットに向いている季節だということを理解し、自分に合ったダイエット方法を見つけましょう。基礎代謝を上げてから、いろいろと試してみてください。

冬になると脂肪がつきやすく落ちにくい体になってしまうため、秋は逃せないチャンスです。

Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。