コツを抑えて不動産投資を行う方法

2014.07.26マネー , 不動産投資 , 投資
Pocket
LINEで送る

不動産投資は現在注目されている投資方法の1つです。投資というと一定のリスクが存在するギャンブルのようなイメージがある人もいるでしょう。しかし不動産投資のリスクはある程度予想ができるため、対応次第では回避可能です。

不動産投資のリスクを回避するためには、不動産投資のコツを抑えることが重要です。老後のゆとりある生活のために、早めに不動産投資で財産形成をしておきましょう。

 

不動産投資が注目される理由

注目の不動産投資不動産投資を行うメリットは2つあります。1つ目は長期的で安定的な収入を得られること、2つ目はリスクを自分の努力次第で回避できることです。これらはほかの投資方法にはない、不動産投資ならではの魅力です。

不動産投資は自分が所有する物件を貸し、その対価として家賃を得る投資方法です。貸している物件に人が住んでいる限り、毎月家賃が入ってきます。これが収入源となれば、貯金を切り崩しながら生活する老後でも経済的な安定を生み出せます。

不動産投資で利用される物件は5パーセントから6パーセントの利回りのものが多く、目に見えて大きな金額を手に入れられるわけではありません。しかし毎月安定した収入を長期的に得られるので、確実性が高いのが特徴です。

また不動産投資には、空室や建物の老朽化といったリスクが付きまといます。しかし、これらはいつ頃訪れるリスクなのかを予想でき、リフォームやメンテナンスを行うことによってリスクを低減することができます。自分が努力することによってリスクを避けられる点は、不動産投資の大きな魅力といえるでしょう。

 

いかにリスクを抑えられるかがポイント

リスクを抑えることがポイント不動産投資を行うためのコツは、いかにリスクを避けられるかです。先述した通り、リスクを自分のやり方次第で避けられるのが不動産投資の大きなメリット。このメリットをいかに活用していくかが、不動産投資で大切なことです。

まずは不動産投資を行うための物件を探さなければなりません。このときのパートナーになってくれる不動産会社選びは、大切なポイントの1つです。1つの不動産会社に偏らず、複数の不動産会社に相談してみましょう。

不動産は必ず現地に行って確認します。物件の周辺情報や建物の状態は、自分自身の目で確かめるようにしましょう。ポイントはなるべくアクセスのいい場所を、なるべく安く購入することです。

購入する物件が決まった後は、物件を更に魅力的に見せるリフォームを行います。システムキッチンや浴室乾燥機など人気のある設備を設置したり、デザイン性の高い部屋にしたりすることで、入居する人が増えます。また、リフォームを行うことで、家賃をアップさせることも可能です。

経営が上手くできるか不安という人は、管理会社に管理をお願いする方法もあります。管理会社は不動産経営のプロです。自分の所有している不動産を安心して任せることができます。

 

タダで投資を始められる?等価交換方式

タダで不動産投資を行う方法土地を所有している人であれば、等価交換を利用して不動産投資を行えます。等価交換とは土地を提供する代わりにそこにマンションなどを建設してもらえる方式のことです。土地の割合に応じて建設した建物の一部を貰えます。

この方式のメリットは、土地さえ持っていれば建設費用は全てデベロッパーが出してくれることです。しかも建物の一部を貰えるので、誰かに貸して不動産投資を始めることも可能です。土地は持っているけれど、建物を購入するほどのお金は用意できないという人に向いています。

この方式を使えば、元手がかからずに不動産投資を始められます。ただし1度建物を建てた土地はデベロッパーとの区分所有になるので、注意が必要です。

 

最後に

不動産投資は、自分のやり方次第で収入を増やしたり減らしたりすることができます。十分な資産形成を行うためには入居者を増やし、空室を減らすことが大切です。
不動産投資で安定的な収入を得て、豊かな老後を送りましょう。

タグ : 不動産投資の方法
Pocket
LINEで送る

The following two tabs change content below.
@ハウツー編集部
@howtoでは恋愛・結婚・不動産・学習・マネー・生活・健康・仕事・美容・趣味などのみんなが知りたかった情報を発信しているハウツーサイトです。